WEBマガジン{fleur}フルール

登録不要&閲覧無料!!
トップ ニュース カフェオレ・ライター マルコの官能リサーチ イケてる男のかっこいい動き研究【朝時間編】

ニュース[カフェオレ・ライター マルコの官能リサーチ]

大人気サイト「カフェオレ・ライター」管理人・マルコが昨今の気になる恋愛・官能コンテンツについてゆる~く語ります。 カフェオレ・ライター マルコの官能リサーチ

マルコ

第26回:イケてる男のかっこいい動き研究【朝時間編】

イケてる男のかっこいい動き研究【朝時間編】

皆さん、「朝時間」は有効に活用していますか?

朝時間というのは、その名の通り、起床してから出勤するまでの時間のこと。

よく仕事術の本などを読むと、デキる男ほどこの朝時間を有効活用していると書かれています。

しかし、それらに書かれている方法は、長年、朝時間の使い方を研究してきた僕に言わせれば児戯に等しいと言わざるを得ません。本の真似をしても本当にデキる男にはなれないのです。

そこで今回は、「イケてる男の朝時間」を皆さんに伝授していきたいと思います。この方法で朝時間を有効活用し、デキる男になれば、周囲の女性もきっとあなたを放ってはおかないはずです。


【設定と目標】
平日の朝、起床してから出勤するまでの会社員のとるべき行動。一分の隙もない完璧な朝時間活用で仕事のデキる男になり、女性のハートを鷲掴みにする。


さあ、それでは起床時からです。


■起床



一人の男性がベッドで寝ていますね。

彼はこれから起床して、会社に行く身支度を整えなくてはなりません。



明るくなりましたね。時間は朝6:30。

家を出る1時間前です。



ボケーッとした顔で目を覚ましましたが、当然これは……。



NGです。出勤する1時間前ですって?

そんなことでは貴重な朝の時間を何一つ有効活用できませんよ。

正解は、









朝の1:30、すなわち出勤する時間の6時間前に起きます。

朝っていうか、まだ完璧に夜ですが、デキる男にとっては1:30は朝なのです。異論は認めません。


■着替え

起きたら、まずは着替えです。パジャマから、スーツに着替えましょう。

しかし、ここでもやはり、朝時間をどう活用するかが問われます。

皆さんはきっと、こんな感じで着替えていることでしょう。



しかし、これはもちろん、


NGです!

デキる男は、早く起きたからといって時間を1分でも無駄にしません。こんな風にダラダラ着替えるなんてもってのほかです。

デキる男は、



前日の夜、着替えを廊下に用意しておき――


移動しながら、



身につけていきます。



移動しながら着替えることで、少しでも朝時間を有効に活用するのです。



当然、靴下も左右同時にジャンプで履いて少しでも時間を節約します。


■モーニング

着替えをすませたら、次はモーニングです。
皆さんはモーニングというと、



だいたい、こういう感じのメニューを食べていることでしょう。

しかし、これはもちろん、



言うまでもなくNGです!

デキる男はモーニングにも手を抜きません。モーニングは一日の始まりのエネルギー。本気で用意する必要があります。

なので、当然、







肉を食べます。

たっぷりと手間暇かけて、焼肉を作ります。



できました。

……正直、作りすぎましたが、しかしこれも朝時間を有効活用するためには必要なことなのです。だいたい、ここまでに起きてから2時間を費やしています。


■仕事をしよう

ここでやることがなくなったので、出勤まで仕事をすることにしましょう。



なんと出勤時間まではたっぷり4時間もあります。一日の労働時間の半分です。これぞまさに朝時間の究極の活用方法ですよね!



……。



僕はいったい何をやっているのでしょうか……。


■まとめ

一瞬、自分のやっていることに疑問を持ってしまいそうになりましたが、とにかく朝時間を有効活用することでデキる男になる→モテるという図式は確かなはずですので、



皆さんもぜひがんばってくださいね!





僕は、もう一回寝ます。


おわり

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【オススメ記事】
第9回:イケてる男のかっこいい動き研究【オフィス編】
★『カフェオレ・ライター マルコの官能リサーチ』のバックナンバー★

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇女性のためのエロティックな恋愛小説◇
【男女の濃密な恋愛が読みたい貴女へ】『WEBマガジンfleur ルージュライン』
【痺れるような男同士の恋愛が読みたい貴女へ】『WEBマガジンfleur ブルーライン』

◇完全無料のWebBLコミックページ◇
『COMICフルール』

▲PAGE TOP